山陽小野田で健康フェスタ

第4回SOS(山陽小野田ステーション)健康フェスタは17日、市民館体育ホールで開かれた。健康をテーマにしたイベントをはじめ、骨密度、血管年齢測定、歯科検診などの体験・展示ブースが並び、多くの市民が会場を訪れ、健康についての知識を深めた。市、かたつむりで行こう会(瀬戸信夫会長、SOS健康づくり計画運営委員会)主催。

ホールでは、スポーツ部会によるSOSおきよう体操、スマイル部会のはいはいレースと3世代ビンゴゲーム、スタイル部会のウルトラクイズなどを実施。市民病院局長の河合伸也さんによる講演会、小・中学生から公募した絵画コンクール、一般の川柳コンクールの表彰式もあった。
会場のブースには医師会、歯科医師会、薬剤師会、連合女性会、母子保健推進協議会などの健康づくり推進協議会のメンバーをはじめ、SOS健康・情報ステーション登録メンバーなどが出展した。
館外では、厚狭高の生徒が「寝太郎かぼちゃ」や芋を使ったオリジナルスイーツや市食生活改善推進協議会による元気のりのり汁の無料接待もあり、好評だった。
スポーツ部会によるウオーキング大会もあり、市民たちが市民館周辺コース3・5㌔を歩いた。
絵画、川柳の入賞者は次の通り。(敬称略)
◇絵画▽最優秀賞=石川京奈(須恵小2)▽優秀賞=平田真梨菜(竜王中2)▽会長賞=加藤綾乃(厚狭小5)▽市長賞=山本侑奈(高千帆小1)
◇川柳▽最優秀賞=国清佳子▽優秀賞=片岡艶子、三浦裕子

カテゴリー:その他の話題2013年11月18日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single