寝太郎まつりにぎわう

寝太郎君を乗せて練り歩く千石船パレード(JR厚狭駅前で) 寝太郎まつりは二十九日、JR厚狭駅前と厚狭商店街一帯で開かれた。千石船パレード、よさこい総踊り、バザーなどが多彩に繰り広げられ、大勢の人出でにぎわった。同まつり実行委員会(委員長・田中剛男山陽商工会議所会頭)主催。

荒地を美田にしたという伝説が残る寝太郎の偉業をたたえる恒例イベント。パレードでは、千石船に乗ったマスコットの寝太郎君が、地元の小学生や婦人会員ら二百人を引き連れて、鴨橋から駅前までの約五百メートルをゆっくりと練り歩いた。
駅前にある寝太郎像に着くと、船に乗せていた円応寺所蔵の木造寝太郎権現を降ろし、パレードの参加者たちが輪になって総踊りを披露した。山口国体のマスコットちょるるも応援に駆け付け、寝太郎君と一緒に愛きょうを振りまいた。
旧第二パリー跡地のメーン会場では、さまざまなステージイベントがあった。真珠幼・保育園児のダンス、地元で活躍するジャズバンド「カノウマーキー」の軽音楽演奏、海上自衛隊小月基地エイサー部の踊りなどが続いた。埴生出身の兄弟デュオ「ソルジェンティ」のライブやバナナのたたき売りも人気を集めた。
商店街では、寝太郎太鼓保存会、山陽フォークダンス愛好会などの発表が、注目を集めた。この日は風がやや強かったものの好天に恵まれ、終日、人の波が絶えなかった。

カテゴリー:地域2010年4月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single