さくらまつり活気

ダンスの熱演に見入る観客たち(常盤公園カッタ君ステージで) 青空が広がり絶好の花見日和となった四日、宇部市内では常盤公園をはじめ、小野、藤山、琴芝など各地域で桜まつりや花見の会が開かれ、大勢の市民が満開のソメイヨシノを楽しんだ。

常盤公園のさくらまつりは遊園地を主会場に行われ、家族連れを中心に、今年一番の二万五千人(主催者発表)が入園。午前十一時から午後三時半ごろにかけては、周辺の道路が大渋滞した。
園内には約三千五百本のサクラが植えられており、今が一番の見ごろ。花を眺めてのんびりと散歩する人や、レジャーシートを広げて宴会に興じる人も多かった。
カッタ君ステージは、宇部太鼓の力強い演奏で開演。うべ百扇会は南蛮音頭保存会地方会の音楽に合わせて、伝統の南蛮音頭を踊った。琴崎保育園の子供たちは国体のマスコットキャラクターちょるると一緒にダンスを披露。宇部商高吹奏楽や明光幼稚園による演奏もあった。
クランクダンススタジオの子供たちは、息の合ったパフォーマンスで観客を沸かせた。映画の公開を記念して、クレヨンしんちゃんの着ぐるみも登場。映画鑑賞券やポップサーカスの入場券が当たる抽選もあり、子供たちが大喜びだった。最後は長州南蛮連と長州南蛮連蛮子隊が締めくくった。

カテゴリー:地域2010年4月5日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single