山陽小野田市の合併5周年を祝う

オープニングで演奏する竜王中吹奏楽部(市文化会館で) 山陽小野田市の合併5周年記念イベント「市民ふれあいの集い」は21日、文化会館で約500人が出席して開かれ、式典やアトラクションで古里の節目を盛大に祝った。

オープニングでは今年度の全日本マーチングコンテスト中国大会、全日本アンサンブルコンテスト中国大会で銀賞を受賞した竜王中吹奏楽部がブラスバンド演奏を披露。次代の古里を担う子供たち35人が「テキーラ」を演奏し、アップテンポの響きに会場から手拍子がわき起こった。
続いて市少年少女合唱団、市連合女性会、真珠保育園が出演し「ファイト!ちょるる」など山口国体・山口大会をPRする合唱やダンスを繰り広げた。
記念式典では出席者による市民憲章の唱和に続き、白井博文市長が「5年前、初代市長として市民参加による市民本位のまちづくりを約束したが、その推進に対する市民の皆さんの協力に心から感謝したい。今後も財政健全化を市政の基本スタンスに、総合計画で本市の目指す『活力ある住み良さ創造都市』の実現に向けて、一層の努力をしたい」、大空軍治市議会議長が「少子高齢化、高度情報化など社会情勢は急速に変化するが、本市が活力ある住みよい地方都市として、力強く進めれば、と願う」とあいさつした。
この後、農業振興に努めた松山忠次さんら、市勢発展に尽力した市民25人に功労者表彰、スポーツの分野で活躍した2団体・4人にスポーツ奨励賞、芸術や文化の分野で功績があった2団体・2人に芸術文化奨励賞が贈られた。
アトラクションでは寝太郎太鼓保存会による太鼓演奏、演芸集団「きらら」のパフォーマンスなどが繰り広げられた。5年間の主なトピックスを写真で紹介するパネル展示もあり、訪れた市民が新市誕生から5年間の出来事を振り返っていた。

カテゴリー:地域2010年3月23日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single