宇部市の見初校区老人クラブがウオーキングマップを製作

map.jpg 見初校区の老人クラブ・ふれあい親和会(山根幸人会長)はこのほど、見初健康ウオーキングマップを製作した。「マップを手に歩き、健康保持と校区内の意外な発見につなげて」と活用を呼び掛けている。

昨年4月に市から打診があり、当時、校区自治会連合会会長だった山本吉良さん(校区社会福祉協議会会長)が、校区内にある寺やサクラがきれいな場所を中心にコースを選定。その後、親和会の役員も歩いて決めた。
マップでは、見初ふれあいセンターを発着点とする2種の散策コースを設定した。3㎞コースは通称「ハトポッポ公園」と呼ばれる昭和町街区公園、圓満寺、芝中ポンプ場、セントラル硝子宇部工場のテニスコート、5㎞は小学校、見初街区公園、常安寺、松山通り街区公園、智照院大師堂をそれぞれ紹介。寺や大師堂は歴史を聞いて記し、公園はサクラが美しい時の写真を選んで掲載した。
山根会長は「安全面に配慮しながら選定した。歩こう会などで活用してほしい」と語った。山本さんも「炭鉱で発展するまでは白砂青松の地。史跡などのポイントが少ないので、寺や自然をメーンにした」と完成を喜んでいる。
マップは500部を印刷。問い合わせはふれあいセンター(電話21─0348)へ。

カテゴリー:地域2010年2月18日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single