歳末助け合い展に多くの人出

20091207b.jpg「みんなでささえあう、あったかい地域づくり」をスローガンに、第52回歳末助け合い展・バザーは6日、宇部市の福祉会館で開かれた。
市民の善意で集まった日用雑貨や衣類、新鮮野菜、盆栽などが販売され、多くの人でにぎわった。市社会福祉協議会、宇部文化連盟、市婦人会協議会、宇部日報社主催。

文連は芸術作品のほか、手作りのパウンドケーキ、知的障害者支援施設などはパンや豆腐、厚東朝市は新鮮野菜を販売。婦人会協議会は1階でうどんとおにぎり、4階のメーン会場で日用品や新米などをそろえた。
似顔絵作家の岡田邦弘さんは会場で、似顔絵を描いて販売した。委託販売では、今年も緒方正道さんが茶杓(ちゃしゃく)を提供したほか、来年のえとをあしらった俳画も人気を呼んだ。

カテゴリー:地域,季節2009年12月7日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single