阿知須ふれあいまつりに1万人

20091116c.jpg 第23回あじすふれあいまつりは15日、山口市阿知須のJR阿知須駅前周辺を歩行者天国にして開かれた。肌寒い一日となったが、さまざまなイベントに約1万人でにぎわった。

商店街一帯が”美術館”となる第13回街角ギャラリー&ひなもんまつりも、居蔵造り通り周辺を中心に同時開催され、古い民家、店舗など34カ所を開放、地域の芸術家たちが丹精込めて仕上げた創作人形、和紙人形、シャドーボックス、古布小物など多彩な作品を展示。実演や体験工房も人気を集めた。
駅前に設置されたステージでは、玉川闘鶏踊り保存会、小古郷代神楽舞保存会、周防千鳥太鼓保存会、井関小金管バンドクラブ、阿知須中の和太鼓、よさこい踊り「賀宝燦翔隊」などの熱演が続いた。豪華景品が当たるビンゴ大会も盛り上がった。

カテゴリー:地域2009年11月16日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single