山口宇部空港で「空いけフェスタ」

20091107c.jpg 宇部青年会議所(河野剛志理事長)主催の「空いけFesta(フェスタ)2009」は7日、山口宇部空港国際線ターミナルビルなどで開かれた。小学生が描いた未来の空港絵画の展示や、もちまき、県特産品の販売など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。

同空港の魅力に触れてもらうとともに、県の「空の玄関口」のさらなる活性化を願い行っており、今年で3回目。たちばな幼稚園の園児による太鼓演奏で開幕し、河野理事長は「イベントを通じて、空港を身近に感じもらえればと考えている。きょう一日、存分に楽しんで」とあいさつ。
中央芝生地イベントプラザでは、県特産品の販売やバザー、マジックショーなどを実施。もちまきでは、菓子も一緒に振る舞われ、来場者の歓声が上がった。

カテゴリー:地域,経済2009年11月7日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single