山口エコフェア、地元企業が取り組みPR

20091020e.jpg 「やまぐちいきいきエコフェア」は17、18の両日、山口市阿知須の山口きらら博記念公園で開かれた。民間団体による環境保全対策や企業の環境に配慮した製品の展示、環境体験教室など多彩な催しがあり、宇部興産など地元企業も、環境への取り組みを県民にPRした。

フェアは地球温暖化対策や循環型社会の形成、自然共生への理解を深めてもらうのが狙い。今年のスローガンは「ストップ地球温暖化―みんなでしちょることを広げよう」。
会場では、28社、25団体が出展。宇部興産は宇部マテリアルズ、宇部スチールなどグループ会社と共に最大規模のブースを設営し、電池材料や光触媒繊維、植物由来樹脂など環境問題に役立つ製品、技術を紹介。
西日本グリーンリサイクルが1200袋を無料配布した堆肥(たいひ)は開始から30分でなくなるなど人気を集めたほか、賞品が当たるエコクイズも行い、ブースは、多くの人でごった返した。

カテゴリー:地域2009年10月19日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single