しんせん組、夜の繁華街をパトロール

20091018b.jpg 宇部市の新川地区で16日、校区防犯ボランティアしんせん組(田村一会長)が夜間パトロールを行った。全国地域安全運動期間(11-20日)に合わせたもので、約50人が繁華街などでチェックの目を光らせた。

出発式で田村会長は「見回りで地域の人に防犯意識を広めよう」とあいさつ。竹内照勝・同署生活安全課長は「一緒に安全な宇部を築きたい」と述べた。
そろいの緑色のベストと帽子を身に付けたボランティアは二手に分かれ、のぼり旗や懐中電灯を手に約1時間にわたってパトロールした。
今年9月末までの宇部警察署管内刑法犯認知件数は、1310件で前年を約1割下回っている。新川交番管内も同率で減少したが、犯罪種別で自転車盗と万引きが増えている。

カテゴリー:地域2009年10月18日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single