若山、竜王山公園で「さくら祭り」

多くの人が駆け付け盛り上がった餅まき(若山公園で)写真上、竜王太鼓に合わせて踊る「紅龍ちゃん」と「青龍ちゃん」(竜王山山頂で)

まずまずの好天に恵まれた13、14の両日、市内のサクラの名所である若山公園と竜王山公園で「さくら祭り」が開かれた。今年は全国的にサクラの開花が早く、両会場とも葉桜になってしまったものの、来場者は餅まきやステージイベントなどを楽しんだ。

若山公園さくら祭りは13日、同公園で開かれた。同公園協賛会(佐貫泰造会長)主催。
開会式では、佐貫会長が「この公園は、市の観光資源の一つであり、市民の心のよりどころでもある。先日まではピンクのサクラの花びらで覆われていたが、きょうは新芽も芽吹き、新たな市の出発を表しているようだ。いろいろな催しがあるので一日楽しんでほしい」とあいさつ。来賓の白井博文市長らも祝辞を述べた。
最初のイベントは忠魂碑前広場での餅まき。お年寄りから子供たちまで多くの人が集まり、主催者や来賓がまく紅白餅や菓子袋を持参した袋に詰め込んでいた。
ステージイベントは大正琴アンサンブルあかねによる演奏で開幕。カノーマーキーによるバンド演奏や民謡などが次々に繰り広げられ、祭りに花を添えた。
竜王山公園協賛会(林克則会長)主催のさくら祭りは14日、山頂の野外ステージをメーン会場に開かれた。
式典では、林会長が「この竜王山は標高はそれほど高くないが、山頂からは景色を360度見渡すことができ、市民の憩いの場にもなっている。きょうは一日竜王山の自然を堪能してほしい」とあいさつした。
ステージでは、カラオケ、須恵保育園児による太鼓演奏の披露、ダンスパフォーマンスなど多彩なイベントが行われ、来場者を楽しませた。
竜王太鼓の演奏では、竜王伝説にちなんだキャラクターの「紅龍ちゃん」「青龍ちゃん」が初お目見え。勇壮な竜王太鼓に合わせて、観客の前でパフォーマンスを行い、祭りを盛り上げた。

カテゴリー:地域2013年4月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ