美祢線観光パンフレット作製

利用促進を図るパンフレット「乗ろうよ!美祢線」

山陽小野田、美祢、長門の3市でつくるJR美祢線利用促進協議会は、同線沿線の観光スポットやご当地グルメと美祢線などの時刻表をセットにした観光パンフレット「乗ろうよ!美祢線」を作製した。利用促進に一助になればと期待している。

「乗ろうよ!美祢線」はA4判の見開き版で、11月中旬に完成。表面には、美祢線沿線にある3市の観光スポットを各市4カ所ずつ紹介。山陽小野田市は、江汐公園、寝太郎像、山口ワイナリー、物見山総合公園が挙がっている。また、各市のご当地グルメも掲載されている。
裏面は沿線の観光地マップ。中面は美祢線のほか、同線に接続する山陽本線、山陰本線、山陽新幹線と小野田線の時刻表で、旅を思い立ったら、すぐに列車ダイヤを調べられるのがうれしい。
紹介された施設のうち、金子みすゞ記念館(長門)秋芳洞(美祢)きらら交流館(山陽小野田)など9施設は、JR美祢線の車両に設置されてある「利用証明書」と引き換えに料金割引サービスが受けられるという。
パンフレットは市内ではJR小野田、厚狭の両駅、公民館や図書館などの公共施設、宿泊施設で配布中。市商工労働観光課では「パンフレット表面にあるように、美祢線に乗って沿線のいろいろなところを旅してもらえれば」と話した。

カテゴリー:地域,経済2012年12月14日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ