夜の常盤公園 幻想「ファンタジア」開幕

幻想的な光に包まれた会場(常盤公園で)

冬の常盤公園を彩る「TOKIWAファンタジア2012」が1日から始まった。今年が5回目の開催で、116点のイルミネーションが展示された。園内は幻想的な光で包まれ、親子連れやカップルでにぎわった。ときわ公園まつり実行委員会(大林哲夫会長)主催。

特設ステージで開かれた点灯式で、大林会長は「参加者の輪が広がって日本一のファンタジアになるように願う。イルミネーションの光で宇部市が明るくなれば」とあいさつ。長州科楽維新プロジェクトの崎山智司副委員長や末次宣正副市長らとスイッチを押してイルミネーションを一斉に点灯させた。
周遊路には、子供たちが描いたかわいい絵やメッセージを、発光ダイオード(LED)が入った竹筒が照らすクリスマスカードイルミネーションが並べられた。クリスマスソングやアカペラ、ハンドベル演奏もあり、会場を盛り上げた。
イルミネーションは公募制で、ツリー、エコペットボトル、オブジェの各部門に市民や団体が参加した。審査で大賞には10万円が贈られる。
点灯は来年1月6日(30日~1月1日除く)までの午後5時半~午後9時半。

カテゴリー:地域2012年12月3日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single