有帆川、清掃とコイの放流

コイを放流する子供たち(千歳橋付近で) 有帆ふるさとづくり協議会(坂野啓治会長)による有帆川の清掃とコイの放流は9日、同地域一帯で行われ、住民550人が参加し、美しい住みよい地域づくりに奉仕の汗を流した。

古里の川を自分たちできれいにし、コイのすむ美しい環境を継承しようと、1979年から毎年実施している。今年で34回目。
参加者たちは、仁保の上の中村橋から共和町の第一高千帆橋までの約2・5㌔で、草刈り機や鎌を手に、川岸などに生い茂る雑草を刈り取ったり、空き缶や空き瓶、紙くずなどを回収したりした。収集したごみ類は、市のごみ収集車(3㌧)3台分になった。
コイの放流は、中村橋と岩崎寺前の千歳橋近くの川岸であり、子供たちがニシキゴイを放流。
手のひらサイズの稚魚を中心に、大きいものでは体長50~60㌢の350匹を「大きくなって」と声を掛けながら、川に放した。
坂野会長は「有帆川流域の住民がきれいにする意識を持たなければならない。洗剤をあまり使わないとか、各家庭から出る雑排水をきれいにしてから流すことが大切」と話した。

カテゴリー:地域2012年9月10日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ