11月4日、山陽小野田観光検定20日から申し込み開始

市内観光にスポットを当てた初の山陽小野田観光検定が、11月4日午前10時から市商工センターで実施されることが決まった。市の魅力を再発見し、愛着心を深めてもらおうと、山陽小野田観光協会(岩佐謙三会長)が主催。20日から申し込みを受け付ける。

観光協会が3月に発行した「山陽小野田観光検定ガイドブック」(A5判70㌻)から出題。3択形式で、50問を60分間で解答する。
ガイドブックでは、産業遺産、歴史・文化、名産品などを、写真入りで分かりやすく紹介。夕日の美しい場所、自然散策を楽しめる場所も網羅。文化財マップや厚狭毛利家の年表、歴史のこぼれ話を巻末に収録している。1冊500円で販売中。
検定料は500円(当日徴収)。筆記用具は持参。合格者には、認定証と記念バッジを進呈する。観光協会では「将来、市の魅力を伝える観光ガイドとして活躍できる人材を育てたい」としている。
申込用紙は、市役所や各支所、公民館などに置いている。観光協会のホームページからもダウンロードできる。募集期間は10月25日まで。
問い合わせは、市商工労働観光課内の観光協会事務局(電話82─1151)へ。

カテゴリー:地域2012年8月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ