あじさいまつり、苗の抽選会に列

長蛇の列ができたアジサイの苗の抽選会(江汐公園管理棟前で) 第16回あじさいまつりは17日、江汐公園で開かれた。梅雨の合間の好天に恵まれ、来場者は管理棟でのバザーや、さまざまな種類が咲き誇るあじさい園での散策を楽しんだ。同まつり実行委員会(井上雄治委員長)主催。山陽小野田市、市緑化推進協議会、市シルバー人材センター共催。

同まつりは江汐公園のあじさい園の周知などを目的に実施。公園内には同所を中心に34種約4000本のアジサイが植えられている。
開会イベントでは、井上委員長が「皆さんの力できょうは天気にも恵まれた。江汐公園の魅力を一日堪能してください」とあいさつした。
毎年恒例のアジサイの苗が当たる抽選会は午前、午後の2回に分けて実施。午前の抽選会のスタート時には、約300人が列をつくった。抽選に外れても、アンケートに答えれば、サルビア、アサガオ、コスモスなどの花の種がもらえるとあって、大盛況だった。
あじさい園では、色とりどりのアジサイを楽しみながら散策する親子連れも多く見られた。

カテゴリー:地域2012年6月18日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ