パン作りを楽しむ

20090823c.jpg

神原校区子ども委員会(山根喬二郎会長)主催の竹細工教室は22日、神原ふれあいセンターであった。小学生40人が参加し、竹鉄砲と、タケを使ったパン作りを楽しんだ。

パン作りは小麦粉、砂糖、塩、イースト、水を混ぜ合わせて、手でこねて発酵させ、生地を準備。タケの棒の端に生地を巻き付け、炭火に約10分間かざしていると、香ばしいパンが焼き上がった。
パンはタケから外し、棒によってできた穴にバターやチョコレートソースを詰めてから味わった。参加した児童は「暑い中、炭火でパン生地を焼いていると汗だらけになったけど面白かった」「自分でこねて焼いたパンは最高においしい」と話していた。

カテゴリー:地域2009年8月23日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single