昔のまつりと食文化を体験

20090821b.jpg

西岐波ふれあいセンターで20日、「次代に継承しよう-祭りと食文化」をテーマにした学習会が開かれた。児童72人が参加。南方八幡宮の秋祭りや西岐波の料理を再現した。

西岐波まちづくりサークルの中野リヱ子代表が、節分祭など季節ごとの行事や、ソウメンウリ、ところてんの材料になる海草のテングサなど西岐波産の食材を紹介。そのほかのメンバーも「幼かったころは、お祭りが最も楽しみなイベントで、一番いい服を着て出掛けていた」などの思い出を披露した。
この後、会場でミニ秋祭りが開かれ、児童らはみこしを担いだり、配られた「五十銭」でお菓子などを買って、収穫祭を模擬体験した。

カテゴリー:地域2009年8月21日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single