無形文化財「居能盆踊り」奉納

20090817a.jpg

宇部市の無形民俗文化財「居能盆踊り」が15、16の両日、居能町2丁目の三嶋神社境内で行われ、地元住民や帰省者約600人が集まり、170年余の歴史を持つ踊りを奉納した。

やぐらの上では「鶴姫」「三太」「お澄」など、おなじみの5つの口説きに合わせて、太鼓、三味線、横笛で演奏。男性はちょうちんを手に腕や足を振り上げ、女性は手踊りを中心に踊りの輪が広がり、古里の夏を満喫した。15日は子供踊りや金魚すくいなどがあり、16日は地蔵供養と新仏11柱の慰霊法要も実施。

カテゴリー:地域2009年8月17日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single