小野田駅前商店街振興組合が看板で国体カウントダウン

山口国体開幕をカウントダウンするPR看板(JR小野田駅前で) 山口国体開幕まであと25日となり、市内のあちこちで国体ムードが高まってきた。〝鉄道の玄関口〟JR小野田駅前にも「応援しよう!山口国体」のPR看板が設置されており、乗降客が「あと○○日」を確かめている。

地元の小野田駅前商店街振興組合(町田正勝理事長、21人)が、7月下旬に設置した。マスコットのちょるるが「開会式」と書かれたプラカードを持って歩くかわいいイラストや、市内で行われる少年男子・女子サッカー、少年男子ゴルフ、成年男子軟式野球の競技日程・場所が記載されている。
朝夕の通勤・通学者は毎日、カウントダウンされる看板を見るのが習慣になっている様子で、スーツケースを持ったビジネス客も国体が開かれる町を実感していた。
町田理事長は「全国から訪れる人を、地元としても気持ちよく迎えたい。『あと○○日』を見て、そんな機運が盛り上がるのを期待したい」と話した。
同振興組合では、サルビアやマリーゴールドなどを植えたプランターも駅前周辺に置き〝玄関口〟を華やかに彩っている。

カテゴリー:地域2011年9月6日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single