山陽小野田市、9月3日に山口国体・山口大会の集火式

山口国体・山口大会盛り上げイベントin山陽小野田は、9月3日午後2時から市民館で開かれる。山口国体盛り上げ隊in山陽小野田(長谷川真幸隊長)主催。

セレモニーでは、これまでに市内各地で採火された火を市の炬火(きょか)と合体させる集火式を実施。この火が山陽小野田市民の炬火として、国体のメーン会場にともされる。
市女性団体連絡協議会の半矢幸子会長が盛り上げ宣言をし、「夢と絆を大空へ」を合言葉に、1000人が風船を空に放つバルーンリリースを行う。風船のひもには「山口国体・山口大会盛り上げイベントin山陽小野田」の紙が添えられている。
市内で開催される国体競技にちなみ、熱血フリーキック、サッカースルーパス、GOGOサッカーやピッチングアリーナ、ターゲットゴルフのコーナーを開設。ふわふわドーム、バッテリーカーも子供たちを待っている。
音楽イベントでは、竜舞、竜王太鼓、ちょるるダンス、焼野保育園と高千帆小のマーチングバンド、まゆみダンススクールのキッズダンス、小野田吹奏楽団の軽音楽演奏などがある。
当日はジュース、かき氷を無料で振る舞う。
長谷川隊長は「47年に1度のイベントだが、山陽小野田市に来られた人が素晴らしい町だと感想を持たれるようにするには、行政や関係者だけでなく、市民みんなが盛り上がらなければならない。本番1カ月前に、意識に火を付ける節目のイベントにしたい」と意気込んでいる。

カテゴリー:地域2011年8月13日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ