厚狭花火大会 2年ぶり復活

ASANOHANABI.jpg 第79回厚狭花火大会は、25日午後8時から厚狭小付近の厚狭川河畔を主会場に開かれる。大小約3000発の花火が夏の夜を彩る。雨天の場合は28日に延期。

昨年は、7月15日に厚狭地区を襲った大雨災害のため中止になり、2年ぶりの開催。大会は、山陽商工会議所が主催、山陽小野田市、山陽小野田観光協会が後援、市自治会連合会が協賛する。20番組に沿って、厚狭小グラウンドから多彩な連発花火が打ち上げられる。
当日は、JR厚狭駅前の商店街筋と、厚狭川西岸沿いの約1キロが、午後5時から10時まで歩行者天国になる。商店街を中心に60の露店が軒を並べる。
厚狭天神夏祭り奉賛行事として、子供相撲が午前9時から、大福引大会が午後5時から厚狭天満宮境内で行われる。子供みこしは午後4時から商店街を練り歩く。
このほか、商議所青年部が伊藤商会駐車場で焼き鳥や生ビール、駅前商店会が鬼笑亭駐車場でかき氷や生ビールのバザーを開く。時間は午後4時から。
商議所女性会は午後4時から山陽商工会館で第12回ゆかた着付けお楽しみ会を実施する。

カテゴリー:地域2011年7月11日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single