山陽小野田市でも各校区で敬老会

20090922e.jpg 「敬老の日」の21日、山陽小野田市も敬老会など、健康と長寿を祝うさまざまなイベントが繰り広げられた。

小野田地域では、各地区社会福祉協議会が開催。有帆校区は、同コミュニティー体育館で開かれ、地区社協の縄田昭一会長は「地区には100歳以上が6人いる。ますますご壮健で長生きしてほしい」と祝福。米寿21人と男性最高齢の宮崎隅雄さん(100歳)と女性最高齢の西野マサコさん(105歳)に記念品を贈った。
式典が終わると、有帆小6年の石隈桃子さんと1年の光永優希さんが作文を朗読。NPO有帆会が創作劇「絵姿女房」を披露した。お年寄りたちは弁当を食べながら、楽しいふれあいの時間を過ごした。
山陽地域では、厚狭・出合・厚陽3校区合同敬老会が市文化会館で開かれ、474人のお年寄りが長寿の祝福を受けた。今年度中に米寿を迎える86人に記念品が贈られた。
同市の敬老会の対象者は、1935年4月1日以前に生まれた人。9623人(7月1日現在、男性3414人、女性6209人)。

カテゴリー:地域,季節2009年9月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single