山陽小野田市食推、10月の山口大会で元気のりのり汁

あいさつする半矢会長(市役所で) 山陽小野田市食生活改善推進協議会の総会は18日、市役所で130人が出席してあり、地域住民の健康づくりに寄与していくことを誓い合った。役員改選では半矢幸子会長を再選した。

半矢幸子会長が「『地域の健康づくりは私たちの手で』のスローガンの下、健全な食生活を通して健康づくりの輪を広げるように頑張ろう。東日本大震災の被災地は大変なことになっているが、できる限りの支援の手を差し伸べよう」とあいさつ。
来賓の白井博文市長が震災に対する市の支援活動を紹介し、食育の推進役としての同協議会メンバーに期待する言葉を贈った。
この後、前年度の事業、収支報告、新年度の予算案、事業計画案を審議、決定。県食生活改善推進協議会総会(6月1日、山口市)への出席、健康料理教室、男性料理教室、研修会などを行う。
同協議会は、市が今年2月に策定した市食育推進計画に基づき、食で潤うまちづくりを実現するための事業を推進する。10月に開かれる山口国体・山口大会にも協力し、特に山口大会では地元食材をふんだんに使った「元気のりのり汁」を参加選手や関係者に振る舞う。
総会後は、市ふるさとづくり推進協議会の長谷川真幸会長が「次世代に伝えたい食文化とヘルスメイト~お箸の歴史と正しい使い方」と題して講演した。
役員は次の通り。(任期2年、敬称略)
▽会長=半矢幸子▽副会長=三浦裕子、中野恵子▽書記=岡本智砂枝▽会計=氏永恵子▽監事=真鍋アツコ、地主克子▽理事=藤枝久代、笹尾弘枝、吉田恵美子、矢原美恵子、安達敬子

カテゴリー:地域2011年4月19日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single