17日、江汐公園で「つつじまつり」

江汐湖橋付近を散策する来園者(江汐公園で) 江汐公園内の遊歩道は咲き始めたツツジと散り始めたサクラが新緑に映え、来園者は美しいコントラストを楽しみながら散策している。17日には第43回「つつじまつり」が開かれる。雨天中止。

同園には、自生するコバノミツバツツジ5万本のほか、クルメ、ヒラド、サツキなど約1万本のツツジが植えてあり、ピンクや赤、紫の花が次々と咲く。
管理棟近くにある開花状況報告基準樹は一分咲き(14日現在)で「昨年と比べ1週間程度遅れている。下旬にかけて見頃を迎えるだろう」と管理棟関係者。
江汐公園振興会(清水文夫会長)主催のつつじまつりはグリーン広場と管理棟周辺で開かれ、広場では午前10時から各種バザー、11時から式典やステージイベントが行われる。
管理棟前の駐車場では正午からバッテリーカー乗車体験、どんぐり山では午後1時から宝探しがある。
今年は餅まきを中止し、予算の一部を東日本大震災の義援金に充てるほか、被災者を支援するため、募金活動を行う。

カテゴリー:地域2011年4月15日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ