来月初の「自転車さんぽ」制限時間内にお宝ポイント巡り

マップを参考に自転車でお宝ポイントを巡るオリエンテーリング「THT(トレジャーハントツーリング)26自転車さんぽ宇部」は十二月十二日、ときわ湖水ホール前を発着点に行われる。テーマは「彫刻と産業」。制限時間三時間で、まちのお宝発見ゲームに取り組む。市内での開催は初めて。

自転車さんぽは、エリア内二十六カ所に設けられたトレジャーポイント(TP)の中から、八カ所以上を巡るのがルール。集計後、各TPの訪問者数で持ち点が決まる仕組み(少ないほど高得点)で、全員に上位入賞のチャンスがある。訪問者の少ない所を推理する逆転の発想が求められ、年齢・性別・車種不問で楽しめるのが魅力。
二〇〇五年から、東京都や神奈川県などで始まった。サイクリングに適した春と秋には共同告知・全体集計のイベントを全国的に展開。今年の「紅葉のラリーデイ」は、宇部を含む十二都府県二十会場で実施される。
宇部会場は十二日の午前九時半に集合、十時のスタートを予定している。地元運営スタッフの金田充さん(43)は「イベントを通して、たくさんの人に自転車に親しんでほしい」と話している。
定員は三十組、五十人。参加料は▽一般(中学生以上)千五百円▽グループ(三人まで)二千五百円▽ファミリー(小学生を含む四人まで)二千五百円。追加は一人につき五百円。
申し込みは二日までに、東岐波古殿のサイクルセンターマツナガ(電話58―4077)へ。インターネット(自転車さんぽのホームページ)からも受け付けている。

カテゴリー:地域2010年11月26日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single