危険物安全協会、無災害へ誓い新た

災害に強いまちづくりを誓う協会員ら(市民館で) 山陽小野田市危険物安全協会(越智淳会長、百六十七事業所)の設立五周年記念式典は十日、市民館で約二百人が出席してあり「危険物災害のない安心・安全で快適な環境づくりを目指し、豊かな地域社会の発展に寄与する」という安全宣言を採択した。

 同会は二〇〇五年四月、市町合併に伴い設立。旧小野田、旧山陽の危険物安全協会は共に一九六三年に設立され、長い歴史がある。
 式典では、越智会長が「ここ五年間は、水害をはじめとする自然災害はあったが、会員事業所では平素の研修などにより、大きな事故はなかった。しかし、全国的に見ると、危険物災害は減少傾向にあるとは言えない。いったん起きると被害は甚大であり、五周年を契機に、さらに自主管理を徹底し、安全の確保に努めよう」とあいさつ。
 来賓の白井博文市長は「二〇〇五年の設立以来、組織の充実・強化、講習会の開催、消火競技大会への取り組みに敬意を表したい。新しい危険物、また生産・流通体系の変化などで危機管理の在り方が問われ続けるが、地域と連携し、災害に強い町を目指したい」と話し、大空軍治市議会議長も祝辞を述べた。
 記念講演では、瀧本浩一山口大大学院理工学研究科准教授が「災害に対する危機管理とBCP(事業継続計画)」のテーマで話した。
 危険物安全功労者と講習会などで活躍した感謝状贈呈者は次の通り。(敬称略)
 ▽安全功労者=松岡龍穂(田辺三菱製薬工場小野田工場)松尾一洋(化薬アクゾ厚狭工場)上田則之(太陽石油山口事業所)黒田芳幸(三井化学西沖工場)為近俊幸(西部石油山口製油所)得利賢治(中国電力新小野田発電所)山野恭治(日産化学工業小野田工場)日野高雄(日本化薬厚狭工場)神原秀文(富士商)緒方敏春(日鍛バルブ山陽工場)杉野隆(宇部フィルム)高最祐二(戸田工業小野田事業所)河野泰久(小野田化学工業小野田工場)北條栄邦(FDK山陽工場)高橋孝治(ジャパンファインスチール)井本鉄也(THK山口工場)森口勉(太平洋マテリアル小野田工場)村田常明(協伸産業)船本孝広(都市産業)川崎信幸(厚和産業)
 ▽感謝状贈呈者=中込誠(中込商会)

カテゴリー:地域2010年11月11日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single