B級グルメ大会 名物候補、宇部まつりへ6団体試食

考案したB級グルメを試食し合う参加者たち(市男女共同参画センターで) 来月の宇部まつり会場で初めて開催されるB級グルメ大会「ディスカバB」の試食会が十一日、市男女共同参画センターで開かれた。出店する七団体のうち六団体が集まり、オリジナル料理を食べ比べた。仕掛け人の宇部商工会議所青年部では、来年の宇部まつりまでには新名物を誕生させたいとしている。

食を使った地域おこしイベントの出店者とメニューが明らかになった。出店者は学校やまちづくり団体、企画を知って発足した新規団体。宇部商高商業研究部は「宇部商風瓦そば」、慶進高家庭部は「ミカンフレンチトースト・抹茶フレンチトースト」、若き経営者の会は「ピリ辛チャーシュー丼」、ボランティア団体の丸尾三神社は「宇部げんきどんぶり」、宇部ご当地グルメ研究会は「宇部だし焼UDON」、宇部カレーうどんを愛する会は「カレーうどん」を出す。
宇部市で取れる食材を使った庶民的な料理ばかりで、どの出店者も大会に向けて開発した。試食会に参加できなかったYICビジネスアート専門学校パティシエ学科も出店予定という。
同青年部地域開発委員会の屋敷真志委員長は「さまざまな料理が出てきてうれしい。大会では取り組みをPRし、市民の意見をしっかりと聞いて、宇部B級グルメ開発に生かしたい」と話した。
大会は、十一月七日午前十時から午後五時まで、宇部まつり会場のシンボルロード広場で開催する。順位を決めるのではなく、来場者へのアンケートや有識者の意見などを聞き、開発の参考にしていく。
B級グルメ開発は、同青年部が来年の宇部市制九十周年に合わせて今年スタートした二年計画の企画。既存の飲食店で古くから愛されている隠れたメニューを探し出す発掘型と、全く新しい料理を考える創出型の二つの方法で、最終的には一つの新名物を誕生させる。
新料理のレシピは、市内の飲食店に公表し、地域一体となって県内外のB級グルメファンの呼び込みを図る。

カテゴリー:地域2010年10月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single