うべ未来100プロジェクト、活動本格化

あいさつする光井理事長(ホテル河長で) 二〇二一年の宇部市制百周年までに百個の事業を新たに立ち上げ、元気なまちづくりを進めようと市民有志で発足した、うべ未来100プロジェクト(光井一彦理事長)がこのほど、NPO法人の認証を取得し、本格的な活動を開始した。七日にはホテル河長で理事会を実施。今後の事業として「こども科学館inときわ」や「大相撲宇部場所」を開催することを決めたほか、検討していくプロジェクトテーマを設定した。

同団体は、市内企業のトップらで四月に設立。産業、文化、スポーツなど幅広い分野で地域の発展に貢献できるプロジェクトを採択、支援、育成し、活力ある宇部の実現を図るのが狙いで、産業・経済の活性化推進、観光・交流人口の増加推進などを柱に事業を展開していく。
理事会では、委員会、部会などの組織編成やNPO認証取得の経過について事務局からの報告に続き、今後の事業について協議した。
「科学館」は子供たちに科学に親しんでもらう催しで、二十三日と十二月十二日に、ときわレストハウスで実施。
大相撲宇部場所は来年十月に開催する。検討テーマとしては、米粉の活用や商店街活性化に向けたプロジェクトなどを掲げた。
光井理事長は「認証を取得し、組織、運営体制も固まった。地方は疲弊し、打つ手がないと言われるが、皆さんの理解の下、プロジェクトを進め、元気な宇部を目指したい」と抱負を語った。
プロジェクトなどの問い合わせは事務局(電話39―7120)へ。

カテゴリー:地域2010年10月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single