寝太郎の里ほたる祭り ステージと乱舞 堪能

会場を盛り上げたよさこい寝太郎伝説メンバーによるよさこい踊り(寝太郎公園ゆめ広場で) 第十回寝太郎の里ほたる祭り(山陽街づくり・人づくり連絡協議会主催)は五日、厚狭川河畔の寝太郎公園ゆめ広場で開かれ、家族連れら六千人(主催者発表)が、ステージイベントと河畔でのホタル鑑賞を楽しんだ。

主催の同協議会は、市社会福祉協議会や山陽小野田観光協会など十団体で構成。オープニングイベントでは、同協議会の矢田松夫会長が「五時間のステージイベントと厚狭川や石束川のホタルの幻想的な光を楽しんで」とあいさつした。
ステージイベントは、山陽市民病院マジシャンクラブのマジックショーで幕開け。バンド演奏やフォークダンス、地元の寝太郎太鼓保存会による寝太郎太鼓やよさこい寝太郎伝説によるダンスパフォーマンスなどが続き、にぎわった。途中には、来年十月に開かれる山口国体のPRイベントもあり、国体グッズがもらえるじゃんけん大会は大いに盛り上がった。
広場を囲むように、かき氷、焼き鳥、たこ焼き、くじなどの露店が並んだ。山陽商工会議所青年部や女性部はバザーを出店。おいしそうなにおいに誘われ、どの店もにぎわいを見せた。
辺りが暗くなると、来場者は公園そばの石束川や厚狭川の護岸に座り、ホタルの乱舞に酔った。

カテゴリー:地域2010年6月7日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single