400年の伝統「竿まんじゅう」づくり体験

20091206a.jpg 「村の知恵・技伝承交流会-こどもわくわく体験交流会」は5日、吉部ふれあいセンターであり、親子15人が同地区の郷土料理、竿(さお)まんじゅうを作った。

竿まんじゅうは400年前に作られた薙刀餅(なぎなたもち)が始まりで、その後、吉部地区を通る旅人に番茶とともに振る舞ったという。当時は長さ30cmもあったが、現在は適当な長さに切って、祭りなどで販売している。
本来は米粉が主材料のため、あまり日持ちしないが、この日は食べやすいようにアレンジ。集まった親子は、棒状に延ばした団子に、赤と緑の色が付いた同じ団子をのせ、指で波模様を付けた。あんを包み、平たく形を整えて適当な大きさに切って出来上がり。
県委託事業として県生活改善実行グループ連絡協議会が主催しており、今回は楠地区生改連メンバー6人が指導に当たった。

カテゴリー:地域2009年12月6日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single