山陽小野田市、3000発の花火とイベント楽しむ

約3000発が打ち上げられた花火(小野田運動広場で) 第4回「おのだ七夕花火」は7日、小野田運動広場と市サッカー場を観覧会場に開かれた。打ち上げ花火約3000発とフルカラーレーザーの音楽花火が夏の夜を彩った。七夕飾りコンテスト、ラッキーカード抽選会、飲食バザーなどもあり、家族連れや、浴衣姿のカップル約6万5000人(主催者発表)を楽しませた。小野田商工会議所主催、山陽小野田観光協会共催、市、市建設業協会、小野田青年会議所後援。

花火大会に先立ち、おのだサンパークで、声楽家・秋本真紀さんのミニコンサート、焼野保育園児による太鼓の演奏、「おいでませ!山口国体・山口大会」イメージソング「君の一生けんめいに会いたい」を歌っている武田裕也さん(柳井市)のミニライブ、赤崎ゴールド・キッズのダンスなどが行われた。店内の2階吹き抜けには、七夕飾りコンテストに参加した23団体が、高さ4.5mのササ竹35本に、思い思いに飾り付けた作品を並べた。
小野田運動広場では、七夕飾りコンテストの表彰式が行われ、最高賞のグランプリに選ばれたさくら保育園や入賞団体にトロフィーと賞状が贈られた。このほか、各種飲食バザーが並び、七夕花火を盛り上げた。

カテゴリー:地域2010年8月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single