台風15号、雨と強風、高波に注意

台風15号は30日午前、東シナ海を北北東に進んでいる。県西部には31日夜遅くに最接近するとみられ、下関地方気象台では雨と強風、高波に注意するよう呼び掛けている。

気象庁によると台風15号は、30日午前9時現在、与那国島の北の東シナ海にあり、1時間におよそ20㌔の速さで北北東へ進んでいる。中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18㍍、最大瞬間風速は25㍍。暴風域はないが、中心から南東側280㌔以内と北西側170㌔以内では風速15㍍以上の強風域になっている。
台風は、進路を次第に東寄りに変え、31日には九州に近づくと予想される。加えて前線の影響で30日から31日にかけて、九州、山口県は雷を伴って激しい雨が降る。9月1日午前9時には舞鶴市付近まで進み、温帯低気圧に変わる見込み。
下関地方気象台は30日は県内で所により1時間で50㍉の激しい雨が降り、多い所で1日で150㍉を記録すると予報している。30日午前9時現在、宇部市と山陽小野田市には大雨、洪水、雷の注意報が発令されている。

カテゴリー:地域2013年8月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single