10月に山陽小野田市民カーニバル

第1回山陽小野田市民カーニバルが、10月27日に市民館で開かれる。市自治会連合会などで構成する実行委員会(実行委員長・岡本志俊自治連会長)が主催し、6月に中止が決まった市民まつりに替わるイベントとして期待が掛かる。

実行委は、市自治連、市ふるさとづくり協議会、市女性団体連絡協議会、市PTA連合会などで構成。市、市議会、市教育委員会、小野田・山陽の両商工会議所、小野田吹奏楽団が後援する。
テーマは「市民が創る!市民参加のカーニバル」。見物型のフェスティバルではなく、参加型のカーニバルにすることで、市民の和と絆の形成を目指す。
会場は市民館とその周辺。文化ホールでは、第7回市民紅白歌合戦~小・中学生バージョンを開催。体育ホールでは、ミニパレードとステージイベントを行う。市民館前の芝生広場では、各地区のふるさと協議会が各種バザーを出展する。
カーニバルの最後を飾るのは、日本一の餅まき「絆餅まき」。第1回市民まつりでまいた日本一の餅まき888㌔を超える897㌔の餅を用意し、体育ホールの四隅とステージの5カ所からまく予定。餅は全て、山陽小野田産のもち米を使ったものを用意するという。
また、前日の26日は前夜祭も予定している。
現在、実行委員会では、紅白歌合戦に出演する小・中学生、ステージイベントの出演者を募集中。
問い合わせ、申し込みは、市自連会事務局分室(電話82─0110)へ。

カテゴリー:地域2013年8月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single