8月11日に「おのだ七夕祭り」

歌やダンスを中心としたステージイベント「おのだ七夕祭り2017」が、8月11日午後6時から小野田運動広場と市サッカー場で開かれる。一昨年まで行われていた「おのだ七夕花火大会」に代わる催しとして、小野田商工会議所(藤田敏彦会頭)が初めて企画。古里の夏の夜をにぎやかに演出する。荒天時は順延。

七夕花火は2006年から10回実施されたが、昨年は会場の安全確保に課題があるとして中止に。夏の風物詩として市民に親しまれていただけに、同会議所は新たなイベント開催を考えていた。

七夕祭りは、小野田運動広場をメーン会場に、ステージで子どもたちのダンスパフォーマンスや浴衣コンテスト、オペラショーなどを予定。ステージ周辺は発光ダイオード(LED)のイルミネーションで彩る。

会場の一角には、レノファ山口のゲームを観戦するパブリックビューイングのコーナーを設置。フィナーレには、光を放つ特殊なバルーンを飛ばす。

各イベントは調整途中で確定していないが、今月中旬には詳細がまとまるという。

花火大会の関連行事「七夕飾りコンテスト」は、従来通り実施。作品は29日~8月11日に、おのだサンパークに展示する。

カテゴリー:地域,経済2017年7月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single