高泊で伝統行事「土手まつり」

山陽小野田市の高泊後潟地区で江戸時代から受け継がれている伝統行事「土手まつり」が12日、厚狭川沿いで開かれた。豊作を願う風よけや虫よけ、堤防を守る悪霊払いを目的に始まったとされ、後潟上と後潟下、黒葉山の3地区から親子ら50人が参加。400㍍ほどの区域で堤防の土手に茂った夏草に火を放ち、地区の安全を願った。同まつり保存会(長谷川幸男会長)主催。

後潟開作は1752(宝暦2)年、堤防を構築して海をせき止めた土地。同まつりは堤防の草を燃やすことで、堤防の決壊を起こす悪霊や稲に付く害虫を追い払ったと伝えられており、毎年8月12日に開催している。

参加者は午後7時ごろに堤防の中央に集合。黒葉山地区の竹本克巳さん(高浜)が海をせき止めた後に多くの人が土手を足で踏み固めたこと、草が良く燃えると豊作になると言われたことなど、地区の言い伝えを交えながら祭りの由来を説明した。

日が暮れると、土手の下に組んだやぐらに点火。参加者は各自でたいまつに火を移し、周囲に注意を払いながら草を焼いていった。火は瞬く間に燃え広がり、巻き上がる炎と煙が土手一体を包む荘厳さが参加者を圧倒していた。

カテゴリー:地域,季節2018年8月13日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter