電車利用促進へ、スマホでスタンプラリー

JR宇部線利用促進協議会(伊藤一統会長)は、宇部線、小野田線、山口線、美祢線でスタンプラリーを開催している。スマートフォンのアプリケーションを使い、対象となる駅のスタンプを集めると、抽選で2万円分の旅行券や地元特産品などが当たる。

同協議会が初めて企画・立案し、各路線の利用促進協議会と連携して実施。

参加方法は、スマホで「COCOAR2」で検索するか、駅に張ってあるポスターのQRコードを読み取り、専用アプリをダウンロード。宇部市の宇部新川駅、草江駅、山陽小野田市の長門本山駅、厚狭駅、山口市の阿知須駅、新山口駅、湯田温泉駅、美祢市の美祢駅、於福駅に掲示してあるポスターの当該駅マークにかざすと、スタンプがたまる。

四つたまると、各沿線の特産品詰め合わせ4000円分相当が60人に当たる路線特産品賞に、全9駅のスタンプを集めると春の青春18きっぷ、2万円分の旅行券が各5人に当たるコンプリート賞に応募できる。

応募の締め切りは来年1月14日。問い合わせは、宇部市政策企画課内の宇部線利用促進協(電話34-8831)へ。

カテゴリー:地域2017年11月10日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ