雨の中、宇部市内2カ所の無縁塔清掃

山口県宇部市の宇部徳風会(中村暢宏代表世話人)は16日、小羽山公園墓地と源山墓地で無縁塔の清掃活動を行った。雨が降るあいにくの天気となったが、会員と市職員の30人が、身寄りのない人たちが眠る塔をきれいにした。

いずれの無縁塔も、市民の協力を得て同会が建立。毎年1回、ボランティアで清掃している。市生活衛生課によると、小羽山は1390柱、源山には1500柱の遺骨が納められている。小羽山では午前9時前から作業。参加者たちは、かっぱを着て、水を流しながらたわしや棒ずりで墓をこすり、汚れを落としたほか、墓の間のごみを取り除いた。終了後は花も供えた。

カテゴリー:地域2017年9月16日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ