阿東で移住者向けモニターツアー

山口市阿東地域の魅力に触れる移住者向けモニターツアー「TRYあとう!」が18、19の両日、同地域で開かれた。東京と大阪から家族連れや個人10人が参加。地元住民や先輩移住者と共に多彩な体験プログラムを通じて同地域の暮らしを体感した。

同ツアーは同地域の移住を促進するため、市があとうスロー・ツーリズム推進協議会(椎木耕司会長)に委託して実施し、今年で3回目の開催。

参加者は、地元の住民に倣って徳佐うりの漬物を作ったり、空き家や学校を見学したほか、地元企業や移住者から仕事内容についても説明を受けた。

18日に行われた体験メニューは、リンゴの収穫とバンブー自転車の試乗体験の二班に分かれて実施。阿東徳佐上の廃校を利用した「阿東文庫」では、同所を拠点に地域資源を活用した竹製自転車作りに取り組む「スペダギジャパン」の明日香健輔代表(54)から話を聞いたり、自然豊かな田園風景をサイクリングしたりして地域の魅力を満喫した。

東京都目黒区の会社員の三浦早織さん(32)は、「山口市にUターンを考えている。幼少期に阿東を訪れたこともあるが、大人になったからこそ感じられる味わいがある」と笑顔で話した。

椎木会長(48)は「地域の住民と過疎化などの課題解決に向けて協力して動き、移住者の後押しをしていきたい」と話していた。

カテゴリー:地域2018年8月20日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter