良城小児童、来季へ向けホタル採集

良城小(増野淳一校長)の5、6年生21人でつくるホタル委員会(出井薫子委員長)は7日、山口市吉敷佐畑1丁目の吉敷川良城橋付近で、ホタルの成虫を採集した。吉敷地区地域づくり協議会(小田秀昭会長)主催。

子どもたちは虫籠と懐中電灯を手に、河川沿いの草むらに分け入ってホタルを探した。最初はなかなか見つからなかったが、しばらくするとあちこちから「捕まえた!」と声が上がるように。発光器の数で雄と雌を分別して、水ゴケを入れた籠に入れていった。

採集したのは雄8匹と雌61匹。同小のホタル飼育小屋で2万匹を目標に産卵・ふ化させ、カワニナなどを与えて育成し、9月に放流する。

出井委員長(6年)は「しっかりと世話をし、去年よりもたくさんのホタルを放したい」と語った。

環境汚染などで姿を消したホタルを復活させようと始まった取り組みで、今年で20年の節目を迎えた。

カテゴリー:教育・文化,地域2018年6月8日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ