秋の全国交通安全運動始まる

秋の全国交通安全運動(30日まで)初日の21日、出発式が山陽小野田市役所で開かれた。市交通安全対策協議会(会長・藤田剛二市長)、山陽小野田警察署(田中憲治署長)の関係者、日の出保育園の園児ら計150人が出席。市民一体となり、交通事故防止を推進することを誓った。同協議会主催。

藤田会長が「市民に交通安全意識の向上を強く呼び掛けよう」とあいさつ。田中署長は「死亡事故が増える中での運動実施は意義深いこと。交通ルール順守や事故防止に向けた対策の徹底を呼び掛け市民の命を守りたい」と決意を述べた。

市交通安全母の会(岡部つや子会長)が期間中、キャンペーンで活用される手作りマスコット1500個を同協議会に寄贈。園児による交通安全宣誓の後、運動の開始を広報するパトカー1台と広報車4台が市役所を出発した。

今年になって市内では死亡事故3件が発生しており、昨年1年間の0件を大きく上回っている。期間中は署員や関係団体、ボランティアらが協力して交通安全教室や街頭立哨、各種イベントを実施。高齢者の安全、夕暮れ時と夜間の反射材活用、スピードダウンを重点的に呼び掛けていく。

カテゴリー:地域,季節2017年9月21日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ