県立博物館に「維新体験館」体験設備

県が山口ゆめ花博会場に設けた「維新体験館」の主要体験設備が21日、山口市春日町の県立山口博物館に常設された。VR(仮想現実)動画などの最新技術によって幕末にタイムスリップしたような気分が味わえ、明治維新期を楽しみながら学ぶことができる。

開設した「ミニ維新体験館」の目玉となるのは、幕末維新の名場面に立ち会えるVRコーナー。従来の松下村塾のシーンを増やし、5分だった上映時間を7分間に延長した。他にも、俳優の平岡祐太さんがナレーターを務める歴史ドラマシアターや、吉田松陰が映像で手のひらに登場するプロジェクターなど五つの内容が楽しめる。

この日、野田学園中学・高校(牛見正彦校長)科学部の生徒12人が各コーナーを体験した。VRで歴史の名場面に立ち会った河村樹里さん(中3)は「躍動感があって自分が吉田松陰らと同じ時代を生きているような感覚だった」と話した。

22日から24日までの3日間は、各日先着10組に記念品が贈られる。

カテゴリー:教育・文化,地域2018年12月22日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter