県内初の企業主導型保育所がオープン

専門学校のYIC学院(井本浩二理事長)は、宇部市中宇部西岩田に保育所「YICキッズ」を開設した。国の「企業主導型保育事業」に県内で初めて認定され育児中の女性社員が活躍できる環境を整えた。7日、開園式と内覧会があった。9日までの午前10時から午後4時まで見学できる(予約不要)。

企業主導型保育所は今年度、待機児童を解消し、仕事と子育ての両立を実現することを目的に制度化された。保育士の配置基準などが認可保育所より緩和され、税制面での優遇措置もある。

YICキッズは、YIC介護ホーム第3希望苑の敷地内に建設。木造平屋建てで延べ床面積は114平方㍍。全面床暖房、太陽光発電システム、給食調理室、園庭などがある。保育士2人、栄養士2人を配置。手作り給食でアレルギーなど個別ニーズに対応する。

対象児は0~2歳。定員19人。保育時間は月―金曜日が午前8時~午後7時。延長保育は午前7時半~8時と午後7~7時半。土曜日(事前予約)が午後2時まで(延長保育なし)。3歳以上の一時預かりも受け付ける。宇部フロンティア大付属幼稚園と提携し、3歳以上の園児をYICキッズ発着の園バスで同幼稚園に通わせることができる。

定員19人のうち10人はYIC学院の社員が利用。9人は一般から募集。企業契約での利用も歓迎する。

開園式では、井本理事長が「地域の皆さんにも開放し、子育て支援の役に立てれば」、来賓の久保田后子市長が「地域の課題解決と活性化に共に取り組みましょう」とあいさつ。テープカットして門出を祝った。

開園は14日。問い合わせはYICキッズ(電話38-8850)へ。

カテゴリー:地域,経済2017年2月8日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single