県が3施設でネーミングライツ導入へ

県は山口市内にある維新公園スポーツ文化センター、同公園テニス場、きらら浜自然観察公園へのネーミングライツ(命名権)導入に向けてPR活動を開始した。12月下旬から命名権者を募集し、来年1月の選定などを経て4月には愛称に移行する予定。

公有施設に企業名や商品名などの愛称を付けることができる権利で、新たな財源の確保に向けて導入する。命名条件、契約希望金額などの詳細は募集開始時に示す。

3施設の概要やネーミングライツの説明を示したPRチラシを各県民局や商工関係団体の窓口に置くほか、県内外の企業に向けた応募の検討とアンケートへの協力をダイレクトメールで依頼したり、企業訪問時にPRしたりしていく。

県施設では維新みらいふスタジアム(維新公園陸上競技場)に次ぐ導入となる。
問い合わせは県管財課財産活用班(電話083-933-2228)へ。

カテゴリー:行政,地域2018年10月16日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter