産業観光バスツアー、海から工場群を見学

産業観光バスツアーの第22・23章(船舶コース)が5日に開かれ、計66人が宇部港の工場群を船から見学した。宇部興産大橋の下をくぐったり、しゅんせつ工事を間近で見たり、陸からとは違う眺めを堪能した。宇部・美祢・山陽小野田産業観光推進協議会監修。

宇部、美祢、山陽小野田市の発展に尽くしている企業の活動が学べる大好評のバスツアー。宇部興産伊佐セメント工場の石灰石鉱山見学と並んで、宇部港工場見学クルーズも人気が高い。

乗船してしばらくは雨が強く、船内からコンビナートを見学。巨大なサイロや桟橋、停泊する船について、エスコーターから説明を受けた。興産大橋に近づくと天気が回復し、参加者たちは屋外の見学スペースへ。橋をくぐり抜ける瞬間には、多くの人がその大きさにため息をつきながら見上げ、カメラを向けていた。このほかにも、海底の土砂をさらう迫力のしゅんせつ工事を間近で見学したり、宇部海上保安署の巡視艇ときなみに手を振ったり、日頃はできない体験を楽しんだ。

宇部港工場見学クルーズを含むコースは、19日に開催される章に空席がある。申し込みは船鉄観光旅行社おのだサンパーク店(電話83-
3275)、問い合わせは宇部観光コンベンション協会(電話34-2050)へ。

カテゴリー:地域,経済2017年7月6日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ