日系ブラジル人が来県し、日本体験

日系3、4世ら県とゆかりのあるブラジル人の青年10人が28日に来県し、山口市宮野下の常栄寺(今井宏泉住職)で座禅を体験するなど、歴史・文化に触れながらルーツ探しの旅を楽しんでいる。

いずれもブラジル山口県人会がサンパウロで開いた「山口県歴史・文化講座」の修了生で、県が総務省の委託事業として初めて受け入れた。期間は2月3日までの1週間。山口、萩、下関、岩国市などを視察し、ホームステイも体験する。

29日は、県庁での村岡嗣政知事への表敬訪問や県庁近くにある国宝の瑠璃光寺五重塔(香山町)の見学後、常栄寺を訪問。禅堂で座を組み、緊張した面持ちで静かに自分自身と向き合った。今井住職から全員が警策で背中をたたいてもらい、すがすがしい表情で禅体験を終えた。国指定史跡・名勝の雪舟庭の見える本堂で、寺の歴史などを聞きながら、禅とゆかりが深い抹茶の接待も受けた。

祖父が柳井出身という大学院生の要田・フェルナンダ・さゆりさん(26)は境内の残雪に目を輝かせながら「4年前にも来日しているが、山口県を訪れたのは初めて。いろんな文化が混在しており、自然が美しい」と話した。今回の視察にも組み込まれている長門市の元乃隅神社はブラジルでも有名で、「自分の目で見られるなんて幸せ」と楽しみにしていた。

カテゴリー:地域2019年1月30日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter