山陽小野田市自治連など結成10周年式典

山陽小野田市自治会連合会と市防犯防災協会、市快適環境づくり協議会(いずれも岡本志俊会長)の結成10周年記念祭典は1日、市文化会館「不二輸送機ホール」で開かれた。関係者ら800人(主催者発表)が出席し、祝賀式典などで節目を祝った。市セーフティーネットワーク、NPO法人じちれん山陽小野田共催。

式典では岡本会長が「自治連は市内最大の任意団体。加入率は99%を超え、住民が触れ合い、支え合い、助け合いながら数々の事業を展開してきた。今後も市と連携しながら、市民が和と絆で安心、安全な生活を営めるよう、尽力したい」とあいさつ。

白井博文市長は「今後も一層、力を合わせて住みよいまちにしていきたい。地域と地域、地域と行政の結び付きがより強くなることを願っている」と祝い、尾山信義市議会議長、河村建夫衆院議員、江島潔参院議員、永尾遜県自治連会長も祝辞を述べた。

式典は市内在住のソプラノ歌手、秋本真紀さんの第9の独唱で幕開け。式典後は市自治連の呼び掛けで完成した「山陽小野田音頭」を市舞踊協会に所属する100人が踊り、岩国市出身の歌手、山口瑠美さんのコンサートもあった。

カテゴリー:行政,地域2015年10月2日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single