山陽小野田市民病院でXマスコンサート 

山陽小野田市内でも徐々にクリスマスムードが高まる中、市民病院(瀧原博史院長)で6日、クリスマスコンサートが行われた。県内を中心に活動する音楽ユニットのteam白蓮華(びゃくれんげ)、西福寺保育園の園児がステージに立ち、入院患者らを楽しませた。
コンサートは入院患者や来院者にクリスマスを楽しんでもらおうと毎年、玄関ホールを会場に開催。今年で13回目となったが、来年10月には建設中の新病院がオープンするため、現病院では最後となった。
白蓮華は願生寺(長門市)の住職、蘭哲昭さんと県内出身のシンガーソングライター2人によるグループ。蘭さんは音楽制作会社ペリカン・トラックスの取締役も務めており、病院のロビーとは思えない質の高い音楽を披露した。
同保育園からは年長児22人がおそろいの赤いベストととんがり帽で、「赤鼻のトナカイ」などのクリスマスソングを披露。カスタネットなどを鳴らしながら、かわいらしい振り付けも交え、一足早いクリスマス気分を演出した。

カテゴリー:地域2013年12月7日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single