山陽小野田市女性団体連絡協が交流研修会

山陽小野田市女性団体連絡協議会(半矢幸子会長)の交流研修会は22日、会員80人が参加して、きらら交流館で開かれた。市消費生活センターの奥田孝則さんが「あなたを狙う悪徳商法」と題し、インターネット通販や電話契約のトラブルについて、市内の相談事例や対処法を話した。
奥田さんはまず、「皆さんは、私は絶対にだまされないと思っていませんか」と問い掛け、「しっかり者だと思われたい」「身近に相談できる人があまりいない」など9項目ある心理チェックの解答数やチェック項目から傾向を説明。
同センターへの相談にはアダルトサイトや出会い系サイト、オンラインゲームでのインターネットトラブル、電話による契約トラブル、ワンクリック請求などが多いことを伝え、電話勧誘販売や架空請求、買え買え詐欺の手口も紹介した。
途中、山陽小野田消費者の会(西岡フミヱ会長)の会員が、東京五輪に乗じた土地売買を例とした、巧妙な買え買え詐欺の手口で、だまされたケースと難を逃れたケースを寸劇で分かりやすく演じた。
市病院局の河合伸也局長は10月1日に開院する新市民病院の施設や省エネシステムを紹介。会場にはJA山口宇部女性部が手掛けたジャムやみそ、同消費者の会のエコバッグなどが並び、コーヒータイムも設けて交流を深めた。

カテゴリー:地域2014年8月23日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single