山陽小野田市厚狭で寝太郎まつり

寝太郎まつりは29日、JR厚狭駅前と商店街一帯で開かれた。会場には8000人(主催者発表)が訪れ、マスコットキャラクターの「ねたろうくん」らが乗った千石船パレード、寝太郎音頭の総踊り、各種バザーなど、多彩なイベントを楽しんだ。同実行委員会(田中剛男委員長)主催、市、山陽小野田観光協会、厚狭駅前商店会、市自治会連合会、山陽商工会議所など後援。

厚狭地区に伝わる民話で、荒れ地を立派な水田にした「寝太郎」をたたえるお祭り。始まりを告げるパレードは、千石船を中心に、地元の婦人会や子ども会、寝太郎奉賛会のメンバーら総勢約200人の行列が、工事中の鴨橋西側から商店街筋を通り、駅前の寝太郎像まで、菓子を配りながら練り歩いた。
オープニングセレモニーでは、田中委員長が「雨予報だったが、こうして天気になった。これもパレードでご開帳される寝太郎大権現さんのおかげ。多彩な催しを楽しんで」とあいさつした。
メーン会場の旧第2パリー跡地では、ステージイベントと協賛団体による各種バザーが開かれた。ステージイベントは、寝太郎太鼓保存会による寝太郎太鼓で開演。真珠幼・保育園の園児による演技、よさこい寝太郎伝説ら4団体によるよさこい踊りなどがあった。地元出身のソルジェンティもライブを行い、祭りを盛り上げた。
バザーには、焼き鳥、焼きそば、フライドポテトなど定番の食べ物が並び、親子連れなどが列をつくっていた。

カテゴリー:地域2014年4月30日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ